レース展望

一般

尼崎市長杯争奪  歳忘れ第30回今年もありがとう競走

12/
25
26
27
28
29
30

ワンツーフィニッシュ再現へ吉川、川北の激走

激戦必至の2017センプルファイナルシリーズだが、11月ニッカングローリー賞でワンツーフィニッシュを決めた吉川昭男、川北浩貴の滋賀コンビが、そろって登場。再現レースへともに全力ファイトに期待できる。独走状態へ持ち込み、年間最多勝利のタイトルをほぼ手中にしている吉川は7月オレンジカップでオール3連対、先述の前回戦はオール2連対で2連覇達成。3連覇へのチャレンジになる今節もモチベーションは高く、有終Vへ気合。川北も吉川に負けないくらい当地との相性は良く、快速パワーに仕立てて好勝負へ持ち込む。
2015年5月ミニボートピア朝来1周年、11月伊丹選手権で連覇の実績もある吉永則雄も水面巧者で知られる。いつも快速イメージがあり、ビシッとモーターを仕上げてシャープに舞う。渡邊雄一郎はスピードを強調したコーナー戦に迫力がある。
地元勢はやや手薄だが、10月琴浦賞で復活Vを遂げた勝野竜司が核となって気迫アクション。
実力派ぞろいの岡山勢もV戦線へ絡んできそうだが、エース格は今年8優出V1の柏野幸二、2期続けてA2だがG1戦7優勝が光る川崎智幸の底力に注目。

主な出場予定選手

  • 3582
    吉川昭男(滋賀)
  • 3606
    川北浩貴(滋賀)
  • 4099
    吉永則雄(大阪)
  • 4184
    渡邊雄一郎(大阪)
PICK UP!

スピード十分の全速ファイト戦で大暴れ

4857
加藤翔馬(兵庫)

弱冠17歳でデビュー。9月に20歳になり、ますます飛躍が期待される兵庫期待のヤングが加藤翔馬。大きく名前を売ったのが、昨年12月のニッカングローリー賞。予選を2・1・3・3・1・2のオール3連対でクリア。準優日は前半レースで無念のテンプク。嫌な空気が漂った準優は不慣れなインで痛恨のS遅れ。しかし、スリット後にグイグイ伸び返して1Mは先制ターン。見事に初のファイナル進出を決めた。3枠で挑んだ優勝戦はハイパワーを生かす形で3コースカドを選択。ひとりゼロ台、コンマ06の強烈ショットで一気にまくり圧勝、勝利の美酒を味わった。まだ平凡モーターを引いた時の調整力などに課題を残し、級別もB級ランクにとどまっているが、非凡なセンスは誰もが認めるところ。差しタイプが多い兵庫勢のなかにあって握って回るスピードが魅力のレーサー。新年に飛翔するべく、今回も握りマイ連発の迫力戦で沸かせて欲しい。

全国過去3節成績

開催期間競走タイトルボートレース場節間成績
2017/12/10~2017/12/15ミニボートピアりんくう開設5周年記念競走住之江5 122 562224
2017/11/24~2017/11/29第2回 蒲郡みかん杯蒲 郡624 512 6 落4
2017/11/10~2017/11/15下関市議会議長杯争奪 クリスタルカップ下 関5 264 243124

※2017/12/24 現在のデータ