優勝戦レポート

GⅢ

GⅢマスターズリーグ戦競走第6戦

09/
13
14
15
16
17
18
19
3406中里英夫(群馬)

12R  優勝戦

歴戦の匠が熟練の技で競い合う今節。5日目には台風による順延があり、優勝戦も秋風の吹き抜ける中で行われました。1号艇は9戦4勝2着4回と、手堅い走りで勝ち上がった中里英夫選手。2号艇・森秋光選手と3号艇・高橋勲選手は当地V4の実績。SGウイナー・三角哲男選手は4号艇、今年すでにマスターズリーグV2の渡邊伸太郎選手は5号艇で登場し、6号艇・玄馬徹選手は唯一のB1級から下克上を狙います。
枠なり123/456の進入からコンマ05のトップスタートを決めたのは5号艇・渡邊選手。しかし他の選手も応戦しほぼ横並びで迎えた1周1マークは、こらえた1号艇・中里選手がインから先マイします。バックストレッチでは3号艇・高橋選手と2号艇・森選手が続き、さらに4号艇・三角選手が追走。
迎えた1周2マークはまず中里選手が先行。追って三角選手が内側から握って攻めたものの流れ、その懐を鋭く突いた高橋選手が2番手へ。3番手争いは三角選手と森選手が抜きつ抜かれつの激戦。さらに3周目に入ると猛追した5号艇・渡邊選手も加わり、最後まで波乱の展開となりましたが、森選手が最終マークを制し、上位隊形1-3-2でゴールイン。
当地通算2回目、そして2015年2月丸亀以来の優勝を飾った中里選手。このVにより来年PG1マスターズチャンピオンの出場権利を手に入れたことに関して、表彰式では「普通に点数だけだと届かなかったので、今節しかチャンスはないんじゃないかと思いました」と、笑顔でコメントしました。

競走成績

選手名 タイム
1中里  英夫1'48"3
.09
逃 げ
3高橋   勲1'50"3
.09
2森   秋光1'51"5
.08
4三角  哲男1'51"7
.07
5渡邊 伸太郎1'51"9
.05
6玄馬   徹1'55"6
.15
天候 風向 風速 波高 気温 水温
くもり 西
(向い風)
3m 0cm 27.2℃ 24.6℃

払い戻し

2連勝単式 - 390円
2連勝複式 = 320円
3連勝単式 -- 1,470円
3連勝複式 == 490円
拡大2連勝
複式
= 110円
= 150円
= 190円
単勝式 100円
複勝式 120円
230円
返還
備考