優勝戦レポート

一般

スカパー!・JLC杯

10/
4
5
6
7
8
9
3744徳増秀樹(静岡)

12R  優勝戦

シリーズ序盤は強めの追い風が吹き、3日目は水面コンディションが悪化して安定板が装着されてのレースを余儀なくされた。準優では強力パワーの島田賢人が、1着クリアを果たしながら待機行動違反でベスト6除外のアクシデント。そんな嫌な流れだったが、予選トップ通過→準優1着→優勝戦ポールポジションの王道Vパターンを築いたのが徳増秀樹。以下、福島勇樹、高山智至、松本勝也、若林将、照屋厚仁で覇権は争われた。
場内がどよめいた進入は枠なり123456ながら高山が3カド。鋭く仕掛けたが、スリット直前でアジャスト。ならば行き足自慢の徳増が主導。1Mは慌てず騒がす、高山の全速攻めを阻止して鋭く先制。松本をたたいてスピード差しの若林、2番差しの福島の差しも寄せつけず快勝した。徳増は今年初、通算V74、尼崎は13年G1センプルカップ以来のV5とした。

競走成績

選手名 タイム
1徳増  秀樹1'47"7
.17
逃 げ
5若林   将1'49"3
.13
2福島  勇樹1'50"6
.08
3高山  智至1'51"6
.19
4松本  勝也1'52"9
.17
6照屋  厚仁1'54"2
.19
天候 風向 風速 波高 気温 水温
晴れ 南西
(向い風)
3m 0cm 27.9℃ 22.7℃

払い戻し

2連勝単式 - 1,020円
2連勝複式 = 960円
3連勝単式 -- 2,970円
3連勝複式 == 890円
拡大2連勝
複式
= 250円
= 160円
= 710円
単勝式 100円
複勝式 100円
370円
返還
備考