優勝戦レポート

一般

日本財団会長杯争奪  尼崎大吉決定戦

01/
4
5
6
7
8
9
4055吉田俊彦(兵庫)

12R  優勝戦

朝から強風が吹き荒れ、時に向かい風10メートル、波高10センチオーバーと水面コンディションは最悪。オープニングレースから安定板が装着され、2周レースを余儀なくされたが、12レースの優勝戦時は風、波とも収まり、激闘開始を告げるファンファーレが鳴り響いた。進入に乱れはなく枠なりで全艇一斉にスタート。Sを行ったのはスロー勢。ダッシュ勢は仕掛け遅れた。こうなればイン吉田にとっては楽な展開。森智の全速、金子の差しを許さず、一気に先制してバックで突き放した。焦点は2、3位争いに絞られたが、素早く差した吉川がBS半ばで森智を捕らえ、2Mは切り返し気味に突進してきた金子を差しさばき、金子は森智を振り切り、1番人気で決着。昨年5月六甲賞以来、尼崎V16を幸先良く新春Vで飾った吉田は通算51度目の優勝。

競走成績

選手名 タイム
1吉田  俊彦1'12"7
.13
逃 げ
4吉川  元浩1'13"6
.11
2金子  龍介1'14"6
.08
3森   智也1'15"2
.26
5松本  勝也1'15"8
.29
6高野  哲史1'17"3
.21
天候 風向 風速 波高 気温 水温
晴れ 西
(向い風)
4m 0cm 7.7℃ 6.6℃

払い戻し

2連勝単式 - 400円
2連勝複式 = 360円
3連勝単式 -- 930円
3連勝複式 == 360円
拡大2連勝
複式
= 130円
= 180円
= 220円
単勝式 150円
複勝式 110円
100円
返還
備考